HOME  »  在宅介護サービス  »  訪問看護

経験豊富な看護師・理学療法士・作業療法士が、健康管理から痛みのコントロールまでご本人の望む生活が自宅で送れるよう、支えていきます。

事業所名 住所 電話番号
福祉生協
白石ナースステーション
札幌市白石区南郷通6丁目北2-10
(イリス南郷通 内)
011-865-1717
サービス提供地域:札幌市白石区(全域),豊平区(美園,月寒東,月寒西地区)

(1)訪問看護ご利用までの流れ(2)主なサービス内容(3)ご利用料金(4)訪問看護とは?

訪問看護ご利用までの流れ

赤ちゃんからお年寄りまで年齢に関りなく訪問看護がご利用いただけます。
「要支援1~2」または「要介護1~5」に該当する方は、居宅サービス計画に訪問看護を組み入れることができます。

Step 1 まずはご連絡ください

Step 2 お伺いしてご相談

ご自宅または入院中の病院へ職員がお伺いし、ご本人・ご家族様から直接、お困りのことなどをお聞きします。

Step 3 看護計画作成

主治医の指示書にもとづき、ご本人・ご家族様のご要望を取り入れたサービスプランを作成します。

Step 4 ご契約

Step 5 サービス提供開始

看護師・理学療法士等がご自宅を訪問して、サービスをご提供します。

主なサービス内容

療養上のお世話 身体の清拭、洗髪、入浴介助、食事や排泄などの介助・指導
医師の指示による医療処置 かかりつけ医の指示に基づく医療処置
ターミナルケア がん末期や終末期などでも、自宅で過ごせるよう適切なお手伝い
認知症ケア 事故防止など、認知症介護の相談・工夫をアドバイス
介護予防 低栄養や運動機能低下を防ぐアドバイス
病状の観察 病気や障害の状態、血圧・体温・脈拍などのチェック
医療機器の管理 在宅酸素、人工呼吸器などの管理
床ずれ予防・処置 床ずれ防止の工夫や指導、床ずれの手当て
在宅でのリハビリテーション 拘縮予防や機能の回復、嚥下機能訓練等
ご家族等への介護支援・相談 介護方法の指導ほか、さまざまな相談対応

ご利用料金

介護保険を使う場合




利用時間帯(8:00~18:00) 利用者負担(1割)
20分未満の訪問 323円/回
30分未満の訪問 482円/回
30分~1時間未満の訪問 848円/回
1時間~1時間30分未満の訪問 1,162円/回
理学療法士・作業療法士による訪問(20分) 323円/回
定期巡回随時対応型訪問介護看護事業所と
連携して指定訪問看護を行う場合
2,982円/月

夜間(18:00-22:00)及び早朝(6:00-8:00)の訪問は25%増し、深夜(22:00-6:00)の訪問は50%増しとなります。

※上記表に加え、初回加算、夜間・早朝加算、深夜加算、長時間訪問看護加算、複数名訪問看護加算、緊急時訪問看護加算、特別管理加算、ターミナルケア加算、退院時共同指導加算、看護・介護職員連携強化加算、サービス提供体制強化加算 が算定されます。

医療保険を使う場合




基本
療養費
管理
療養費
情報提供
療養費
利用者負担
1割 2割 3割
月初め 5,550円 7,300円 1,285円

2,570円

3,855円

2回目
以降
5,550円/日 2,950円/日 850円/日

1,700円/日

2,550円/日

月に
1回
 ― 1,500円 150円 300円

450円



交通費 1km毎に50円
休日料金 1回につき2,000円
超過料金(長時間訪問看護加算の対象とならず90分を超えた場合) 1時間毎に1,000円

健康保険・国民健康保険で訪問看護を利用する場合、70歳以上の方は、原則として費用の1割を負担、70歳未満の方は、原則として費用の3割(6歳未満の方は費用の2割)を負担となります。また、生活保護世帯の自己負担はありません。

※上記表に加え、ターミナルケア療養費、複数回の訪問加算、複数名訪問看護加算、24時間対応体制加算、緊急時訪問看護加算、緊急時訪問看護加算、特別管理加算、長時間訪問看護加算、乳幼児加算、退院時共同指導加算、退院支援指導加算、在宅患者連携指導加算、特別管理指導加算、在宅患者緊急時等カンファレンス加算、夜間・早朝加算、深夜加算、特別地域訪問看護加算 が算定されます。

訪問看護とは?

kango病気や障害を持った人が住み慣れた地域やご家庭で、その人らしく療養生活を送れるように、看護師等が生活の場へ訪問し、看護ケアを提供し、自立への援助を促し、療養生活を支援するサービスです。

病状や療養生活を看護の専門家の目で見守り、適切な判断に基づいたケアとアドバイスで、24時間365日対応し、在宅での療養生活が送れるように支援します。

また、医師や関係機関と連携をとり、さまざまな在宅ケアサービスの使い方を提案します。

サービスの提供は、保健師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士といった各分野の専門家が行ないます。