HOME  »  定款・諸規約集(抄録)  »  役員選任規約

役員選任規約 (平成27年6月26日改正)

(総則)

第1条 定款第19条および第20条に規定する役員の選任は、この規約の定めるところによる。

(候補者になることができない者)

第2条 生協法の規定により役員となることができない者のほか、次の各号の者は役員の候補者になることはできない。
 一 未成年者
 二 被補助人
 三 破産手続き開始の決定を受け、復権をしていない者

(役員選任議案の決定)

第3条 理事長は、理事候補者の選任を理事会に付議しなければならない。
2.監事は、監事の協議により監事候補者の選定を行い、理事会に付議しなければならない。
3.理事会は、役員の就任について各候補者の承諾を事前に得たうえで、役員選任議案を作成し、総会に付議しなければならない。

(役員選任議案の通知)

第4条 理事会は、法令の定めに従い、総会の召集通知と合わせて役員選任議案を議案書に掲載して組合員に送付しなければならない。

(役員選任議案の説明および採決)

第5条 総会における役員選任議案の採決は、候補者全員を一括して行うものとする。ただし、議長が定めることにより、理事の選任に係る部分と監事の選任に係る部分を区分して採決することを妨げない。

(役員の就任)

第6条 選任議案が総会で議決されたときから役員に就任する。

(役員の補充及び増員)

第7条 定款第21条第2項に規定する役員の補充並びに増員の選任を行うときは、前各条の規定を準用する。

(細目)

第8条 本規約に定めるほか、役員選任の実施の細目は、必要な場合には、理事会において別に定めることができる。

(改廃)

第9条 この規約の改廃は、総会の議決による。

(附則)

1.第1回総会で定めた役員選挙規約は、本規約の発行をもって廃止する。
2.この規約は、平成20年7月1日から施行する。
3.この規約は、平成24年6月23日一部改正施行する。
4.この規約は、平成25年6月26日一部改正施行する。
5.この規約は、平成27年6月26日一部改訂施行する。