2020年4月22日付けで理事長小松徹人から全職員に発信した文書です。

 

         新型コロナウイルス感染症への対応について

この度の「政府による緊急事態宣言の全都道府県拡大」や「近隣の病院・施設における新型コロナウイルスの感染発生」等の状況を踏まえて、当生協における感染防止と今後の具体的対応を下記の通りお知らせします。   職員の皆さんのご理解・ご協力を切にお願いします。

≪ 具 体 的 対 応 ≫ 3つのゼロ(感染ゼロ・拡大ゼロ・死者ゼロ)

1.感染対策の体制について

〇平常時は感染対策委員会、感染症発生時は施設長が中心となって感染対策を実施する。

〇感染疑い発生時は、本部へ報告し、生協全体での情報共有と迅速な対応策を実施する。

2.出勤前の体温測定について

〇出勤前には自宅で体温を測定する。(出勤時には各ホームで定めた用紙に記録する)

〇出勤前に測定を忘れた場合は、勤務開始前に測定する。(各ホームで定めた用紙に記録する)

3.発熱等の症状がある場合の対応について

(1)次のいずれかの症状がある場合は、出勤をせず、施設長に連絡する。

同居する家族に症状がある場合も、出勤をせず、施設長に連絡する。

①出勤前に自宅で体温を測定し37.5度以上ある場合

(但し、平熱が低い職員は37.0度以上ある場合)

②せき・鼻汁などのかぜ症状がある場合

③その他体調不良の場合(味や臭いを感じない、関節痛、筋肉痛、頭痛、倦怠感など)

(2)原則として自宅待機とし、病状によって「かかりつけ医」や「近隣医」を受診する。

(3)受診した場合は、その結果を施設長に報告する。

(4)自宅待機中は毎日、病状の経過(体温は必須)を施設長に報告する。

(5)出勤の可否は、施設長が決定する。(自己判断で出勤することは厳禁とする)

4.自宅待機を命じられた場合の休業補償について

(1)上記3.により、施設長が命じた自宅待機については、特別有給休暇を認める。

(2)特別有給休暇の実施期間(当初4/8~5/6)は、期限を定めず延長する。

5.プライベートでの外出について

(1)不要不急な外出(ランチ、会食、懇親会、各種イベント等)は控える。

(2)市外への旅行は控える。

6.何かあれば、すぐに施設長に報告・連絡・相談してください。

迷うこと、困ったこと、気になることがあれば、すぐに施設長に報告・連絡・相談してください。