イリス北10条の新型コロナウィルス感染は、2月20日をもって収束いたしました。

多くの皆様にご迷惑とご心配をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。
感染発生直後から札幌市保健所の指導のもと、感染対策を実施して参りましたが、
2月10日以降は新たな感染者がいないことを確認しております。
ご支援、ご協力を頂いた各種団体、個人の皆様には心より感謝申し上げます。

1月17日の感染発生から、職員14名、入居者18名(入院4名)の感染が確認され、
その内、入院中のご入居者1名がご逝去されました。
ご遺族の皆様には謹んでお悔やみ申し上げます。

このことを重く受け止め、今後一層徹底した感染防止策に取り組みます。

イリス南郷通につきましては、その後感染拡大することなく、収束しております。
今後も感染拡大の防止に努めます。